昨年9月に関西を襲った台風21号。この辺りでは大きな被害はなかったですが、何と裏庭のシンボルツリーのゴールデンクレストが倒れてしまいました。倒れる瞬間は誰も気付かず、翌日、庭の雰囲気が違うことに気付き、何と高さ5mもある木が横たわっていることを発見したのです。幸い人も建物にも被害はありませんでしたが、周りの庭木はダメージを受けていました。他の庭木のダメージを軽減し、後は休みの日に少しずつ片付けです。とは言え根本は直径30㎝を裕に超えており、簡単には行きません。チェーンソーと枝切りバサミで切り刻み、束にしてまとめると結構な量に・・・。幹は取り敢えず、庭の椅子にしています。葉の部分は燃やしてしまい、枝の部分は燃料に使う予定で薪の様に積んでいます。

根はパワーショベルで引っこ抜こうにも根が張って動かず、地道に周りを掘り起こし、根を切断した後で漸くパワーショベルで取り除くことに成功しました。何でこんなものが倒れるの??

この春、新しい木を植樹しました。こちらもまたレポートします。

<倒れたゴールデンクレスト>

倒れたゴールドクレスト

<枝の切断を始めた状態>

<葉のついた枝の束>

<葉のない枝の束(薪)>