3日間の隔離生活を有意義に過ごすために本、Kindle、溜まった仕事を持って来ました。隔離期間がもう直終了です。

 事前にイメージした3日と少し変わった結果に終わりそうです。

 まずTVですが、リモコンが極めて判り難く、3日経った今も思い通りに使い熟せていません。NetflixやYouTubeのダイレクトボタンがあるのにTV放送のボタンがありません。矢印ボタンを駆使してデジタル放送に辿り着く必要があります。台湾の放送でも「安部元首相の訃報」がトップニュースです。台湾では人気の日本の政治家です。私もわずか2週間程前にお元気に講演されるご様子を間近で拝見したところでしたので、とても残念に思います。現在の日本でもこんな事件があるのかと驚きです。ご冥福をお祈りいたします。

 最初にNetflixが出てくるので、色々探してみるのですが、題名も中文表記のため直ぐに何か理解できません。「愛的迫降」を見つけ、暫く前に話題になった「愛の不時着」ではないかとチェックしてみると、当たりで日本語吹き替え版もあったので、覗いてみることにしました。韓国ドラマは時代劇以外ほとんど見ないのですが、何とハマってしまいました。シリアスさの中の喜劇のバランスが何とも言えず、1話約90分のシリーズを16話まで全部見てしましました。早送りとかもしましたが、計算上は丸一日を費やしたことになります。フィクションだと判っていても、北朝鮮人皆がリ中隊長の様な人であれば、北朝鮮も平和になるだろうとか、韓国人が韓国に帰国してからのセリの様であれば日韓関係は良好になるのにとか思ったりしてしまいました。有意義であったかどうかは別にして時間は浪費できました。

 食事は飽きない様に、色々と趣向は工夫されていた様です。でもやはり何か馴染めない感じでした。無事クリアできたので、及第点です。

 抗体検査も“Negative”でクリアです。明日朝フロントで結果の写真を見せれば外出可能です。駅までのタクシーも予約しました。ただし、またこのホテルに帰って来ないといけません。いずれにしても長いようで短かった3日間が終了です。